ごあいさつ

平素より当社事業に格別なご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

私どもユニゾグループは、ビル賃貸事業を中心とした不動産事業と、ホテル事業を二本の柱として事業推進しております。

この度、前中期経営計画の主要な数値目標をほぼ一年前倒しで達成し、第三次中期経営計画「GLOBAL PROMINENCE 2019」(2017年度~2019年度)を策定いたしました。新中期経営計画では、不動産事業およびホテル事業の二つの事業で「グローバルに成長・進化を目指す」ことを新たに基本方針として定めております。

現在、当社グループの提供する空間、サービスをご利用いただくお客様は日本のみならず、グローバルに広がりをみせております。不動産事業では国内東京都心はもとより、米国展開を積極化しており、ニューヨークおよびワシントンD.C.で物件を取得、オフィス空間をご提供する他、ホテル事業においても国内をはじめ世界各国から日本を訪れるお客様に宿泊空間をご提供させていただいております。

第三次中期経営計画の最終年度である2019年度には、当社グループは、資産規模8,000億円、売上高669億円、営業利益209億円の企業規模への成長を目指しております。事業はもちろん、体制、リスク管理、意識などにおいてもグローバルに成長・進化し、更なる企業価値・株主価値の向上に努めてまいります。

ユニゾグループの企業理念である「全てのステークホルダーとともに豊かさと価値を創造する企業、お客様の信頼と期待に応え、選ばれ続ける企業、社会と環境に貢献する企業を目指す」のもと、当計画に掲げた目標を達成すべく、引き続きグループ一丸となり事業に邁進してまいります。

今後とも、皆さまの変わらぬご支援をいただけますようお願い申し上げます。

 ユニゾホールディングス株式会社
取締役社長