コーポレート・ガバナンス

コーポレートガバナンス報告書

PDFダウンロードはこちら

基本的な考え方

ユニゾグループは、ステークホルダーの皆さまからの信頼確保並びに企業価値の持続的な向上のため、経営の健全性、透明性および効率性を高めるという視点に立ち、社会から信頼される企業集団を目指して、コーポレート・ガバナンスの整備・構築に努めております。

基本方針

  • 1.株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
  • 2.株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働する。
  • 3.会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
  • 4.取締役会・監査役会は、役割・責務を適切に遂行する。
  • 5.株主との間で建設的な対話を行う。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

当社は、監査役設置会社制度を採用、独立性の高い社外取締役(独立役員)5名と社外監査役(独立役員)3名を選任し、監査役会、内部監査部門、会計監査人と相互に連携を図りながら、経営への監督機能の実効性の強化を図る仕組みを構築しております。

取締役会
取締役会は、取締役13名(うち、社外取締役5名)で構成され、取締役会規程に基づき、原則毎月1回開催されております。取締役会は、当社の業務執行に関する重要事項を決定するとともに、取締役の業務執行状況を監督しております。また、取締役会には監査役が出席し、必要に応じて意見を述べております。

監査役、監査役会
監査役会は、監査役5名(うち、社外監査役3名)で構成され、監査役会規程に基づき、原則毎月1回開催されております。監査役の主な監査活動は、取締役会への出席と意見陳述、取締役社長(以下、社長という)との意見交換、子会社を含めた業務執行過程のモニタリング、稟議等重要な書類の閲覧、会計監査人の独立性の監視、計算書類、事業報告、重要な取引記録等の監査であります。また、監査役は、業務監査部、会計監査人と随時情報交換を行うとともに、業務監査部、会計監査人による監査結果の報告を受けるなど、緊密な相互連携を保っております。

執行役員
当社は執行役員制度により、経営の意思決定、監督機能と業務執行機能の分離によるガバナンス体制の強化ならびに役員の権限と責任の明確化を図っております。執行役員は、取締役会が決定した会社の方針等に基づき、担当業務の執行を行っております。

経営協議会
社長の諮問機関として、経営協議会を設置しております。経営協議会は、会長、社長を含む執行役員をもって構成し、原則毎週1回開催され、業務執行に関する重要事項の審議並びに担当業務の報告等を行っております。

内部監査部門
当社は、内部監査運営要領を制定し、内部監査の担当部署として業務監査部を設置し、当社及びユニゾグループ全体の内部監査を行っております。業務監査部は、連結会計年度ごとに作成する業務監査計画に基づき内部監査を実施し、監査結果を社長に直接報告するとともに、監査役、被監査部門に対して業務監査報告書により報告を行っております。社長は、業務監査報告書により改善措置を講じる必要があると認められる場合には、被監査部門に対し改善命令を出し、内部統制の充実を図っております。また、業務監査部は、効率的な監査を実施するため、監査役及び会計監査人と随時、情報交換を行う等緊密な連携を保っております。

会計監査人
当社は、会計監査についての監査契約を新日本有限責任監査法人と締結しており、同監査法人は、会社法及び金融商品取引法に基づき、年間監査スケジュールに従い監査を実施しております。

■コーポレート・ガバナンス模式図

コーポレート・ガバナンス模式図